リニア・鉄道館はパラダイス

犬山城を見た後、犬山駅から名鉄の特急で名古屋駅へ移動。
そこで「あおなみ線」に乗り換えて終点の金城ふ頭駅へ。


あおなみ線
正式名称は、名古屋臨海高速鉄道の西名古屋港線。
2004(平成16)年10月6日開業。
名古屋 - 金城ふ頭間 15.2km
東海道本線の貨物支線である西臨港貨物線(西名古屋港線)を全面改良(複線電化・高架化)の上、旅客・貨物共用化した路線である。


金城ふ頭駅を降りると、すぐそばに目指す「リニア・鉄道館」がある。

画像
















リニア・鉄道館 ~夢と想い出のミュージアム~
2011年(平成23年)3月14日に愛知県名古屋市港区金城ふ頭に開館した、鉄道に関する事物を展示する博物館(鉄道保存展示施設)である。


館内に入ると、まずは「C62形蒸気機関車」がお出迎え。

画像















C62は、全長21.48m、重量145.2t
いや~、さすがにデカイですね。

画像















動輪もデカイ!
写真では分かりにくいのですが、直径1750㎜あります。
私の身長と同じくらいですね。

C62形は日本最大最速の蒸気機関車で、特急「つばめ」「はと」などで活躍。
この17号機は1954年、狭軌鉄道の蒸気機関車としての世界最高速度(129km/h)を記録。


その隣には「955形新幹線試験電車」
新幹線の最新・最良の高速システムを追求するためにJR東海が開発した試験車両。1996年、電車方式による当時の世界最高速度(443km/h)を記録。

画像
















その隣は「MLX01形リニア車両」
2003年、山梨リニア実験線で鉄道の世界最高速度(581km/h)を記録。

画像
















と、ここまでがエントランス部分なのでしょうか。
てっちゃんはすでにハイテンションですが、まだまだほんの序の口。
壁の向こうのメイン会場に行けば、テンション、マックスです。

帰り際に撮ったのですが、こんな感じ。

画像
















まずは、子供たちが喜ぶ新幹線車両。

初代「のぞみ」で使われた300系です。
上が試作車、下が量産車で、細かな違いがわかりますね。

画像














画像
















続いて、東海道新幹線の開業時(1964年)から使用し、世界で初めて最高速度210km/hで営業運転を行った0系。
その0系の後継者として1985年にフルモデルチェンジした100系。

画像














画像
















100系の2階建てグリーン車、何度か乗りましたが良かったですね~。


モハ52形電車 1937年製。
戦前に京阪神間の急行電車として活躍。流線型デザインから「流電」と呼ばれた。晩年は飯田線にも使用。
この車両を撮りたくて、何度か飯田線に通いました。

画像
















モハ1形電車 モハ1035 1922年製。
鉄道省が製作した木製電車で現存する唯一の車両。京浜線、中央線などで活躍し通勤電車の標準となった。

画像
















モハ63形電車 モハ63638 1947年製。
戦時下における旅客輸送を目的に製作された通勤形電車。戦争による資材と熟練工の不足を補うため、車体構造は徹底的に簡素化されていた。
桜木町事件で一躍有名になりましたね。

画像
















次は古い機関車。

ED11形電気機関車 ED11 2 1923年製。
東海道本線、横須賀線の電化に備えて、電気機関車を国産できなかった鉄道省がアメリカより輸入。

画像















EF58形電気機関車 EF58 157 1958年製。
戦後の代表的な旅客用電気機関車。特急列車の「つばめ」「はと」を牽引したほか、ブルートレインから荷物列車の牽引まで幅広く活躍した。

EF58は通称「ゴハチ」と呼ばれていて、私も大好きな機関車でした。

画像
















奥の方にも様々な車両が展示されています。

画像














画像
















なかには珍しい車両も。

オヤ31形客車 オヤ31 12 1937年製。
建築限界測定車で、車体の周囲に接触式センサーが付いており、走行しながら建築物に支障しないか測定する車両で。新たに線路を敷設したときなどに使用された。
通称「おいらん列車」とも呼ばれる。

画像















ホジ6005形蒸気動車 ホジ6014 1912年製。
動力源を蒸気機関とし、客室内に小さな蒸気機関車を組み込んだ構造となっている現存する唯一の蒸気動車。

画像
















C57形蒸気機関車 C57 139 1940年製。
主要路線で運転される旅客列車を牽引することを目的に1937年から製作された蒸気機関車。
その優美な姿から「貴婦人」と呼ばれてます。

画像
















車両の展示の他、鉄道ジオラマや運転シュミレーターもあります。
鉄道ジオラマは、30mはあろうかと思う長さの巨大な鉄道模型なのですが、これが大人気で長蛇の列。
時間を区切って運転しているらしく、何時間待つかわからないので、今回見るのはあきらめました。


今回初めて「リニア・鉄道館」に行きました。
ここは鉄道好きな者にとって、まさしくパラダイスです。

日本の鉄道の発展を支えてきた名車達がズラリと揃っていて、その車両を間近で見ることができ、とても楽しかったです。

この記事へのコメント

2013年02月19日 13:24
はじめまして。僕も今年初めに行きました。鉄道好きには、1日つぶせる所ですよね。ブログ記事にもしていますので、良かったら見てくださいね。
2013年02月20日 00:19
コメント、ありがとうございます。
大宮の鉄道博物館、大阪の交通科学博物館とともに、鉄道好きには1日いても飽きないですよね。
ブログ、拝見させてもらいます。

この記事へのトラックバック