青森、三陸の旅 <宮古の夜>

三陸鉄道北リアス線の列車が宮古駅に着いたのは18時46分。

画像


すぐに駅から5分ほどのホテルにチェックイン。
小休止の後、食事をするために街へ出た。

宮古は20年くらい前に来たことがあり、駅付近はお店もたくさんで賑わっていたような記憶があるけど、もう夜の8時近くで閉まっている店ばかり。人通りも無く、とても寂しい。

そんな街をあちこち歩きまわったが、なかなか入りたくなるような店が見つからない。
私の苦手の食材がメインの店や、お酒を全面に押し出している店はあるのですが
それらは私にとって最後の手段なのです。
それならコンビニ弁当にするか、と思ったけど、コンビニすら見つからない。

今日は朝はおにぎり、昼はドトールの「ミラノサンドA」と、ろくなものを食べてないので腹ぺこ。
もしかしたら、今夜は食いはぐれるかもしれないという恐怖が頭をよぎる。

駅から10分ほど歩いて、やっとローソンを発見!
砂漠でオアシスを発見したくらい嬉しかったですね。
(砂漠をさ迷ったことはないけど…)

そこでメインに「白身魚のフライ、のり弁当」、おやつにチーズバーガー。
それとサラダに飲むヨーグルト。
この2つは栄養のバランス上欠かせません。

温めてもらった弁当を提げて、大喜びでホテルに帰りました。

その途中、和風建築でいかにも私好みの飲食店があった。
見つけたら絶対に入るはずの店が。

ほんの少し前、コンビニ探しの最中、そのお店の直前で路地を曲がってしまったのでした。

画像

この記事へのコメント

2011年02月26日 07:12
こうして拝見するとローカル線の旅も好いものですね♪
僕も先週は青森に行って来ましたが、今年は久し振りに雪の多い年となったので、地元の人達も大変そうでしたね。
達です。よろしく!
2011年03月01日 01:18
初めまして、いらっしゃいませ。
ローカル線の旅は久しぶりだったので、存分に楽しめました。
冬はやっぱり雪見旅がいいですね。

この記事へのトラックバック